» シリアスのブログ記事

◇◇ !拡散希望! ◇◇

今年は民主党打倒&政権奪回!

民主党 野党時代の審議拒否の歴史

安倍内閣時代
・大臣が子供を産む機械などと発言をしたから辞任しろと審議拒否
・憲法改正のために必要な国民投票法で民主案を飲んだら審議拒否
・民主党が出した教育基本法改正案を自民党が丸呑みしたら審議拒否
・参院選で勝った民主党の要求どおりに解散しないから審議拒否

福田内閣時代
・参院選で負けたのに首のすげ替えで福田に変わった
 民意を問わないで首をすげ替えたのは民意に反しているから審議拒否
・日銀総裁人事が気に入らないと審議拒否
・イージス艦と漁船の衝突事故の真相究明がされるまで認めないと審議拒否
・後期高齢者医療制度を廃止しない事、
 ガソリンの暫定税率を復活させた事を理由に問責可決→問責したのだからと以降審議拒否

麻生内閣時代
・民意を問わずに首相が替わることは許されない。解散しないから審議拒否
・定額給付金を撤回しないから審議拒否
・麻生が補正予算案を臨時国会に出してこないから審議拒否
・中川昭一酩酊会見
 中川が謝罪するまで審議拒否
 中川が辞任しないから審議拒否
 今すぐに辞任しないから審議拒否
 中川の辞任について首相が謝罪するまで審議拒否
 麻生内閣が予算案を撤回するまで審議拒
 予算案撤回→民主「このとおり麻生内閣は無責任だ。政権担当能力はない。だから審議拒否」
 民主「麻生が衆院を解散しない」事を理由として麻生太郎問責決議可決
・麻生首相が衆院解散を決めたので審議拒否

[谷垣総裁、「通常国会中の政権奪還が唯一の目標だ」 自民党全国幹事長会議で]

【msn産経ニュース】 2012.1.21 22:05

谷垣総裁、「通常国会中の政権奪還が唯一の目標だ」 自民党全国幹事長会議で自民党は21日の全国幹事長会議で、24日召集の通常国会の会期中に、衆院解散・総選挙を迫り、政権奪還を実現することや、衆院選マニフェスト(政権公約)作りなど選挙準備を急ぐことを確認した。

谷垣禎一総裁は「野田政権を衆院解散に追い込み、私どもが勝利して自民党の手で政治を担うことが通常国会での唯一の目標だ。先頭に立って闘う覚悟だ」と表明した。また、震災復興の遅れや国際的な経済危機への懸念を挙げ「これらの課題には私ども自民党の方がきちっとできると固く信じている。衆院解散は国難を乗り切るためだ」と強調した。

ただ地方代表からは「消費税増税などバカなことは止めてほしい」(石川県連)、「自民党が何をしたいのか明確でない」(高知県連)との不満の声も上がった。

自民党は22日に党大会を開き、平成24年度の運動方針を採択する。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120121/stt12012122080006-n1.htm

 
総裁、絶対に奪還をお願いします!

[民主党批判は逮捕。言論・思想の弾圧と沈黙するマスメディア]

【JBpress】 2012.01.20(金)

今、民主党本部前で日の丸を持って歩いていると捕まってしまいます。スタジオの中が一瞬凍りついたように、みんなエッて顔をしてますけど、冗談じゃありません。一体どこの国なんだろうと思いますが、ネット上では常識です。

実際に捕まった人が動画を撮っていて、警官とのやり取りなどが全部保存されています。その人は普通の人です。民主党に抗議をするために国旗を持っていたというだけで捕まったんです。

それから昨年12月に新橋で民主党の立会演説会があったんですが、駅前に集まった人の中で「民主党が地上から無くなりますように」というプラカードを掲げて持って歩いていただけの人が逮捕されました。

プラカードを掲げて民主党の議員が演説している街宣車の方に近づいていったら、民主党の職員らに取り囲まれて、警官のいるところに連れていかれた。そんなことをされたら、警官とのやり取りでちょっとイザコザになるじゃないですか。その時のささいな言動で逮捕されてしまった。(YouTube)

それで2泊3日拘留された。しかも国選弁護士もつけられなかったんです。実刑にはならなかったですが、それでも2泊3日なんて考えられないことです。これはたいへんな弾圧であって、北朝鮮のことを笑えません。

それなのに、マスコミは報道しない。こうした出来事のような言語道断な、とても言論の自由、思想の自由があるとは思えないような危険な状況をマスコミが報道しないというのは、本当に深刻です。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/34356?page=3

 
これようつべで見たけど、本当に酷かった。まさに北。

でも私みたいに今まで政治とかあんまり分からなくて興味なかったりしてた層でも、
こうやって「おかしい」って事に気付き始めました。
今からでも遅くないと祈りながら細々と拡散します。

[日本大学教授・百地章 人権侵害救済法案に4つのノー]

【msn産経ニュース」】 2012.1.18 03:12

先ごろ、法務省が「人権侵害救済法案」の概要を発表したが、マスメディアの反応は今ひとつである。理由として、今回の法案では「強制調査」や「制裁の過料」が削除され、「メディア規制」もなくなったことから、別段心配する必要はなさそうだとの楽観論が考えられよう。

 ≪危険な本質は変わらず≫

しかし、危険な本質は変わらない。第一に、「人権侵害」の定義は従来と変わらず曖昧であるため、乱用の危険は依然、残る。法案では、「人権侵害」とは「不当な差別、虐待その他の人権侵害及び差別助長行為」を指すとされているが、「その他の人権侵害」とは何か。これではどのようにでも解釈でき、乱用の恐れがある。。。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120118/plc12011803130001-n1.htm?view=pc

 
特亜のためだけのみならず、日本人にとって不利益及び害をなす制度など言語道断!

カテゴリー

2021年1月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31